【住】平屋で明るく 充実した設備と機能

「牧島荘」は、長崎市の東部、橘湾に面した島「牧島」の高台にあります。豊かな自然に囲まれ、広い中庭を囲む平屋建ての荘内は、明るい光が差し込んで毎日たくさんの笑顔があふれています。

中庭を眺めてくつろげる平屋建て

牧島荘の建物は、中庭をぐるりと囲む回廊式の平屋建てで、階段がなく安全な造りです。
この造りを活かし、毎朝中庭を眺めながら「365歩のマーチ」に合わせてウォーキングするのが日課。歩行器や車いすなど、それぞれの状態に合わせながらにこやかな一日が始まります。
日中は広々としたホールや荘内各所の談話スペースなどでご自由にお過ごしいただくことができます。

牧島荘入口
玄関ホール・お仏壇
玄関ホール・お仏壇
キッチン併設の広いホール
キッチン併設の広いホール
中庭に面した談話スペース
中庭に面した談話スペース
朝のウォーキング
朝のウォーキング風景
敬天会 牧島荘 施設案内図
敬天会 牧島荘 施設案内図

過ごしやすい居室

居室は個室と多床室(2人部屋・4人部屋)があります。多床室もプライバシーに配慮して間仕切りを設置しており、個室感覚でお過ごしいただけます。

個室
個室
多床室(2人部屋)
多床室(2人部屋)
多床室(4人部屋)
多床室(4人部屋)

安心・快適な毎日のための設備・機器

浴室はリフトや特殊浴槽を完備しており、お身体が不自由な方でも安心して快適な入浴が可能です。
また寝具の下に敷くだけで眠りの状態や心拍・呼吸などをモニターできる最新機器「眠りスキャン」を導入し、ご利用者に負担をかけることなく睡眠管理ができ、安心してお過ごしいただけます。
移乗を安全にサポートする介護ロボットも導入し、ご利用者も職員もお互いに負担なく支援ができるようになりました。

横になったまま安全・快適に入れる特殊浴槽
横になったまま安全・快適に入れる特殊浴槽
天井走行リフト完備の浴室
天井走行リフト完備の浴室
抱えずに移乗ができる「移乗リフト」
抱えずに移乗ができる「移乗リフト」
睡眠の状態を遠隔でモニターできる「眠りスキャン」
睡眠の状態をモニターできる「眠りスキャン」

【食】生きることは食べること。楽しく食べて元気に

日々のお食事には旬の食材を使用したクックチル方式(加工調理)を取り入れ、安全・安心な食事提供を目指しています。
また、行事食やお楽しみメニュー・ご利用者からのリクエストにもお応えしています。
ご利用者の身体機能(嚥下力・咀嚼力)に合わせた4つの食形態「普通食・ソフト食・ミキサー食・ゼリー食」を取り入れ、普通食と同じ献立で、食形態が変わっても安心してお食事を楽しむことができます。必要に応じて医師の指示のもと、療養食の提供をおこなっています。
ご利用者の日常的な生活の営みである「口から食べること」を優先課題とし、管理栄養士と多職種が協働して栄養ケア・マネジメントに取り組んでいます。

季節の料理

お正月にはおせち料理やお屠蘇、ひな祭りにはちらし寿司、七夕にはそうめんなど、季節行事を感じられるメニューをお出ししています。

イベントメニュー

敬老会やクリスマス会などのイベント時には、それに合わせたイベントメニューをご提供します。春のお花見やドライブの時は特製弁当をご用意。また日常でも、天気の良い日は中庭でお弁当を楽しんでもらったりしています。

カフェの日(毎月1回)

好きなスイーツとお飲み物を楽しんでいただく「牧島カフェ」。内容は毎回お楽しみ。ケーキやゼリー、和菓子など、思い思いのスイーツを楽しむカフェタイムは笑顔がいっぱい。ご利用者も職員も一緒にくつろげる、癒しのひとときです。

握り寿司の日

牧島荘が寿司屋「牧島寿司」に早変わり!元寿司職人の職員がご利用者の目の前で寿司を握り、昼食としてお出しします。いつもより食が進む方も多い大人気の企画です。

【愉】暮らしに彩りを添える、楽しい企画

毎日をワクワクして笑顔で過ごすことは、身体の機能や免疫力の向上にとても大切です。牧島荘では、ご利用者に日々の暮らしを楽しんでもらえるよう、様々な企画を実施しています。

イベント

新年のお正月、春のお花見、秋の敬老会、冬のクリスマス会など、季節の行事を開催。また、ご利用者のお誕生会や、ドライブ・買い物などのお出かけなども随時実施しています。

日常の楽しみ

屋内で手芸・工作や生け花、料理を楽しんだり、中庭で野菜や花を育てて土いじりをしたりと、毎日の暮らしも楽しんでいただけるよう工夫しています。